京都市の「お数家いしかわ」で食べた〆鯖は普段食べてる〆鯖と全く違います!一口食べるとお出汁を感じられる一品!初めての体験でした!

京都市の「お数家いしかわ」で食べた〆鯖は普段食べてる〆鯖と全く違います!一口食べるとお出汁を感じられる一品!初めての体験でした!

【店名】
お数家いしかわ(おかずやいしかわ)
【所在地】
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
大阪・京都旅行の際にネットにて検索したところ、コチラのお店が出てきました。
1〜2か月前でないと予約が難しいほど人気との事で、行って料理を味わいたいと思いました。

【誰と行ったか】
彼氏との旅行で




【お店の雰囲気】
建物は町屋づくりでとても雰囲気があり、隠れ家敵で周りがとても静かなので落ち着いてゆっくり楽しめます。
1階はカウンターのみ。
証明は暗めで雰囲気があります。
おばんざいが目の前に並び、板前さんが料理を作ってくれました。
値段もお手軽でクオリティが高く、メニューも豊富です。
1度行ったらまた行きたくなるお店です。

【注文したもの】
最も感動したのはきずし(〆鯖)です。




【感想】
カウンター席でいただきました。
値段はお手頃で普通の居酒屋とそこまで変わりません。
まず盛り付けが上品。
〆鯖の上には大根おろしがのっており、関東で食べる〆鯖とは少し違います。
一口食べるとまず感じるのはお出汁です。
酸っぱい感じだけでなく、じゅわ?とお出汁が口の中に広がり、鼻に抜けとても優しい味でした。
また〆具合もとてもちょうど良く、何個でもいただけます。
彼と一緒にいただきましたが、大人になってから久々に初めての感覚、初めての味でした。
とても丁寧に作られているんだなと感じました。
あれから3年以上経ちましたが、まだこの味が忘れられません。
他の料理も美味しかったですが、この〆が一番印象に残ります。
これを食べるためにまた京都に行きたいと思える一品です。




【他のメニューやトッピングなど】
肉じゃが、目の前で揚げてくれる天ぷら、ハタハタの南蛮漬け、糸こんとしし唐のピリ辛炒めなど食べました。
天ぷらはお野菜中心に食べました。
あまりお刺身は頼まず、おばんざい中心にいただきました。
また京都の日本酒もせっかくなら飲みたいと思い頼んだ澤屋まつもと守破離がとても美味しく、おかわりまでしてしまいました。




【エピソード】
良い意味であまり板前さんは話しかけて来ず、彼と2人でゆっくり話をしながら食事ができました。
ただ接客はとても丁寧で嫌な気持ちになることはまずなく、外よりもゆっくりと時間が流れるような感じです。
お料理も一つ一つが丁寧でどれもお出汁を感じられました。
アジが濃すぎず薄すぎずで丁度良かったのもまた食べたくなる理由です。




【知人の評判】
行ってに行った彼も私と同じく、こちらの〆鯖のためにまた京都に行きたいと言っており、3年もたった今でもその話になるほど。
また普段あまりお酒が強くない彼ですが、守破離はまた飲みたいとのこと。
それは提供される料理が美味しかったから日本酒の味も引き立つのかと思います。




【他との比較】
どれもお出汁が感じられること、口に入れた瞬間に染み渡ります。
そして盛り付けが綺麗、また味が濃すぎず、だからといって薄すぎることもないため、ついつい食べ過ぎてしまうほど。
丁寧に時間をかけて作られているからこそ出る味、家庭やコンビニの惣菜などでは到底出せないのは一つ一つ丁寧に作られているからだと思います。




【価格と満足度】
このクオリティで値段はお手頃で普通の居酒屋とそんなに変わらないのがびっくりでした。
近くにあったら居酒屋は行かなくなりますね。




【期待すること】
コロナで大変だと思うのですが、いつまでもお店は続いて欲しい。
定期的に通いたいのでなくなって欲しくないです。
また飛び込みではなかなか入りにくいお店だと思うので、いっそ予約必須、予約のみにしてしまっても良いかと思いました。
またその他京都のらしい料理があればもっと頂きたいと思いますので、メニューももう少しあるといいなと思います。



お店の雰囲気はまるで高級なお店なのと料理の価格はお手頃なこと。
またおばんざいなどの料理はどれも抜群ですが、友人に勧めるなら〆鯖です。
絶対食べて欲しい、〆鯖が苦手な人も食べられる味だと思います。
実際私自身も〆鯖があまり得意な方では無かったですが、すぐに大好物になるほどの味です。
また大通りから離れてる場所なので、ゆっくりと楽しめます。

お数家いしかわ(おかずやいしかわ)
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2
女性・33歳・会社員
京都市の「お数家いしかわ」で食べた〆鯖は普段食べてる〆鯖と全く違います!一口食べるとお出汁を感じられる一品!初めての体験でした!