仙台市【うまいものあり孝太郎】もうかのほし(もうかざめの心臓)を食す。面白い親方とスタッフさんがいて落ち着いて酔える

仙台市【うまいものあり孝太郎】もうかのほし(もうかざめの心臓)を食す。面白い親方とスタッフさんがいて落ち着いて酔える

【店名】
うまいものあり孝太郎国分町店
【所在地】
宮城県仙台市青葉区国分町

【性別】男性
【年齢】34歳
【職業】料理人


【お店を知ったきっかけ】
同じ職場で働いてる先輩に教えていただき、その先輩の恩師のお弟子さんがやられてるというのでその先輩の方とご一緒に伺いました。

【誰と行ったか】
同じ職場の上司の方です。




【お店の雰囲気】
お店は静かにたたずんでいて提灯があり、のれんを潜ると木造の店内で最初にカウンターが並んであり奥には個室が七部屋あるL字型の構造になっていました。
親方が面白い人でその常連さんがカウンターに座っており、カウンター10人個室は七部屋28人入れるお店みたいです。
駐車場はなかったのでコインパーキングで停めて伺いました。

【注文したもの】
もうかのほし




【感想】
もうかのほしは(もうかざめの心臓)は知ってましたが、食べるのは初めてでした。
一人前2150円とちょっと高めではありますが、注文して料理がきました。
茶色と金模様の色で楕円の長方形皿の上にもうかのほしがキレイに一例並べられており、塩とごま油と浅月と白ごまで盛り付けられていて、食べた瞬間レバーのような食感で全く臭みもなく、噛めば噛む程旨味が出てパクパク食べれてしまい、おかわりをしてしまいました。
その時はちょうど上司の方と日本酒を飲んでいたので、日本酒には確実に合う一品でした。
カウンターに並んで座って食事をしていましたが、その時ちょうど親方の常連のお客様がいらっしゃいまして面白い親方とお客様の茶番を見れて楽しかったです。




【他のメニューやトッピングなど】
他にいかと長ネギのわた炒めというのを食べましたが、これも今まで食べてきたイカ料理の中でも一番美味しかったです。
イカを焼き煮することによって、イカのわたの臭みが取れて、さらに味噌、マヨネーズ、酒、醤油、長ネギをいれて調理してると親方から教えていただき、自分で作ってみたら近い味でしたが美味しかったです!




【エピソード】
カウンターに座ってて、目の前には親方ともう1人若い板前さんがライブキッチン状態で仕事をしていて、またこの2人の茶番というかお客様を喜ばせようと面白おかしく楽しく過ごさせていただきました。
親方はお酒を飲んで酔っぱらい、それを介護するかのように板前さんが支え、でも親方もちゃんとしっかり仕事してて、とにかく飲んでて凄く楽しかったです。




【知人の評判】
他にも三店舗うまいものあり孝太郎さんがあるらしく、違う上司の方は他の店舗に行って食事をしたそうですが、そこでもカウンターに座ると目の前はライブキッチンで面白おかしく、そして美味しい料理とお酒を味わうことが出来て評判はかなりいいです。




【他との比較】
こちらのお店の魚介類は全て宮城県石産の食材を使用していて、親方が仙台朝市という市場で魚を仕入れてくるのですが、その魚やさんとは20年ほどのお付き合いがあり、一般のお客様には売らずにいいところを親方に販売してると伺いました。
他の店舗さんもこの魚屋さんから魚を仕入れているそうです。
あとまかないも販売したりもらえたりするそうです。




【価格と満足度】
ちょっと値段は高めではありますが、せっかく飲んで食べるならここは間違いはなく凄く満足してます。
だいたい1人単価5000〜6000円くらいで行けるのかと思います。




【期待すること】
魚は凄く美味しく、肉料理が少なかったのでもっと増やせばいいかなと思いました。
量はちょうだいもの足りないかなってくらいの量で、でもそれでちょうどいいのかなと思います。
トイレは凄くキレイで文句なしでした。
国分町の中なので駐車場はしょうがないですが、このコロナの中めちゃめちゃ大変と親方様から伺っていたので、頑張ってお店を経営していってほしいなと思いました。



友達にすすめるとしたらやはり刺身、天ぷら、だし巻き、煮物が美味しいのですが、日本酒がかなり種類が豊富で地元のお酒、他県のお酒をそろえており、貴重な日本酒も入荷していて、50種類くらいはあったと思います。
他にもウイスキーや焼酎も種類が豊富で常連になりたいと思いました。
一度その友達を連れてって実況説明しながら自慢したいと思いました。

うまいものあり孝太郎国分町店
宮城県仙台市青葉区国分町
男性・34歳・料理人
仙台市【うまいものあり孝太郎】もうかのほし(もうかざめの心臓)を食す。面白い親方とスタッフさんがいて落ち着いて酔える